異物が招くトイレのつまり

普段通りに水を流した瞬間、記憶の片隅の奥底に残る違和感満載の異音に続き、便器内の水面が上昇して来る「あの恐怖感」は、誰もが思い出したく無い体験の筆頭格に違いありません。誓って自己責任では無いと確信しつつも、自身が当事者となってしまった際の動揺は半端では済まないトラブル、それがトイレのつまりである事実に対し、異を唱える声は見当たらずして当然です。道義的には必ずしも正しい行為とは言い切れませんが、公衆トイレでこれが生じた際には、素知らぬ素振りでその場を速やかに離れる選択肢がありますが、自宅あるいは自身が管理する施設内のトイレが現場となれば、このような「逃げる」対応は許されません。

トラブルまずは自身で対処可能な初期対応が欠かせませんが、焦って状況を悪化させてしまう行為に及んでしまった場合、状況が更に深刻となってしまいます。やはり専門業者の緊急出動からの的確な対応が望まれますが、普段から有事の連絡先を全ての方々が控えておられるとは限らないのが現状です。そしてこれら深刻な事態を招く原因として、時に気づかぬうちに異物が便器から排水管内に混入してしまっているケースが少なくありません。実際に復旧処置を通じ、予想外の異物が回収され、あらためてその原因に驚かされた体験談は数え切れません。ここでは異物のつまりが招くリスクと、具体的にどのような経緯を通じてトイレのつまりに繋がるのかなど、トラブル発生に至るメカニズムを中心にお話を進めさせていただきます。

Pocket

Published by