突然訪れる限界点

つまりどれだけ正しく使用を続けようとも、トイレの排水管システムにも「寿命」が存在している事実は無視出来ません。いわゆる自然な経年劣化からトラブルに繋がる展開ですが、多くの場合は何らかの兆候が伺い知れ、全交換を含めた未然の対処から、深刻な状態となる展開の回避が可能です。対して異物が排水管を塞いでしまう事でのつまりの場合、真新しいシステムであろうとも発生に至るリスクは同じです。何より使用した当事者が身に覚えの無い場合、目視確認が叶わぬ外部から原因を特定するのは当然困難ですし、果たして正しい対処法が何なのか、それが自己対応可能か否か、判断自体に窮してしまって当然です。

無意識にポケット内から便器内に落としてしまった固形物が原因、小さな堆積物が膨れ上がって限界点を超えるタイミングを迎えてしまうなど、症状が生じる瞬間の訪れは常に「突然」です。多くの方々は慌ててしまい、タンクに十分な水量が貯まるのを待ち切れず、繰り返しレバーを操作し続けた結果、便器内から水を溢れさせてしまう展開は数え切れません。
故意や悪意が一切見当たらずとも、不運にも当事者に指名されてしまうのもまた、トイレのつまりの残酷な現実です。まずは自らを落ち着かせた上で、次に為すべき行動を、その先の展開をシミュレーションから冷静に選択する作業が求められます。

Pocket

Published by