然るべき業者に連絡を

トイレのつまりの現場との対峙から、その状況を第三者に「見られたくない」との意識が結果、然るべき第三者に救援を仰ぐ行動を阻止してしまう方々も、潜在的に少なくありません。その気持ちは重々理解出来ますが、これでは根本的解決どころか、日常生活に必要不可欠なトイレという施設の使用不能状態が続き、そのデメリットは計り知れません。何より詰まった状態のトイレの排水管施設は、耐久度面も既に限界点を迎えた状態であり、不自然な負荷が掛かり続けた状況に陥っています。放置が更に無用な負荷をシステム全体に及ぼし続けた結果、二次被害的な新たなトラブルを誘発させないとも限りません。

こうした際のベストな初期対応はやはり、然るべき専門業者への速やかな通報から、状況を伝えて正しい初期対応の指示に従い、緊急出動対応を依頼する流れに他なりません。実績が評判の専門業者の場合、24時間態勢での現地対応から、現場での状況確認からの説明、そして必要な対処作業内容と見積額の提示まで、全て依頼者側に逐一同意を得た上で対処が進められます。勝手に工事から法外な請求額を突きつけられるなどの不安は一切無用ですので、まずは迷わず相談の一報を届けるところから、早期の確実な復旧に努めてください。

Pocket

突然訪れる限界点

どれだけ正しく使用を続けようとも、トイレの排水管システムにも「寿命」が存在している事実は無視出来ません。いわゆる自然な経年劣化からトラブルに繋がる展開ですが、多くの場合は何らかの兆候が伺い知れ、全交換を含めた未然の対処から、深刻な状態となる展開の回避が可能です。対して異物が排水管を塞いでしまう事でのつまりの場合、真新しいシステムであろうとも発生に至るリスクは同じです。何より使用した当事者が身に覚えの無い場合、目視確認が叶わぬ外部から原因を特定するのは当然困難ですし、果たして正しい対処法が何なのか、それが自己対応可能か否か、判断自体に窮してしまって当然です。

無意識にポケット内から便器内に落としてしまった固形物が原因、小さな堆積物が膨れ上がって限界点を超えるタイミングを迎えてしまうなど、症状が生じる瞬間の訪れは常に「突然」です。多くの方々は慌ててしまい、タンクに十分な水量が貯まるのを待ち切れず、繰り返しレバーを操作し続けた結果、便器内から水を溢れさせてしまう展開は数え切れません。
故意や悪意が一切見当たらずとも、不運にも当事者に指名されてしまうのもまた、トイレのつまりの残酷な現実です。まずは自らを落ち着かせた上で、次に為すべき行動を、その先の展開をシミュレーションから冷静に選択する作業が求められます。

Pocket

大切な正しい使用方法

トイレのつまりを引き起こす要因として、異物の詰まりが断じて見過ごせません。トイレの排水管を塞いでしまう程の異物と聞けば、それなりの体積の「明らかに流してはならない物体」を連想しがちですが、実は意外とも思える小さな堆積物が原因の場合も少なくありません。たとえばバスユニット内に浴槽と並んで設置されている便器に、風呂掃除後に集めた髪の毛や固形石鹸の欠片などを毎日流す習慣を続けた結果、排水管内に引っ掛かり堆積から、ある日突然限界点をオーバーから、水流を妨げてしまう展開などが見られます。その他水溶性では無い、溶けにくいティッシュなどを流すなど、トイレをゴミ箱的に用いてしまった場合、誤使用のしわ寄せの結果として「つまり」というトラブルを生じさせてしまいます。

トイレつまり情報サイト「水回りのカイケツ君」にも記載がありましたが、基本としてトイレに流してよいものは「人の便(動物は不可)」「トイレットペーパー」「水」の3つだけです。あくまでトイレは水に溶ける排泄物トイレットペーパーを流す目的で設計されています。正しく使用すれば当然、トラブルのリスクをそれだけ軽減出来ますが、それでも経年劣化は避けられません。日々何度も高い水圧が排水設備に及ぼす負担は小さくありません。トイレのつまり防止効果を有する排水管内の洗浄剤を適宜用いるなど、定期的なケアも大切です。何より誤まって明らかに排水管を塞いでしまうに十分な体積の異物を流してしまい、自身で取り出せぬ状況に陥ってしまった場合は、速やかに専門業者に状況を伝え、然るべき対応に関する指示を仰いでください。

Pocket

異物が招くトイレのつまり

普段通りに水を流した瞬間、記憶の片隅の奥底に残る違和感満載の異音に続き、便器内の水面が上昇して来る「あの恐怖感」は、誰もが思い出したく無い体験の筆頭格に違いありません。誓って自己責任では無いと確信しつつも、自身が当事者となってしまった際の動揺は半端では済まないトラブル、それがトイレのつまりである事実に対し、異を唱える声は見当たらずして当然です。道義的には必ずしも正しい行為とは言い切れませんが、公衆トイレでこれが生じた際には、素知らぬ素振りでその場を速やかに離れる選択肢がありますが、自宅あるいは自身が管理する施設内のトイレが現場となれば、このような「逃げる」対応は許されません。

まずは自身で対処可能な初期対応が欠かせませんが、焦って状況を悪化させてしまう行為に及んでしまった場合、状況が更に深刻となってしまいます。やはり専門業者の緊急出動からの的確な対応が望まれますが、普段から有事の連絡先を全ての方々が控えておられるとは限らないのが現状です。そしてこれら深刻な事態を招く原因として、時に気づかぬうちに異物が便器から排水管内に混入してしまっているケースが少なくありません。実際に復旧処置を通じ、予想外の異物が回収され、あらためてその原因に驚かされた体験談は数え切れません。ここでは異物のつまりが招くリスクと、具体的にどのような経緯を通じてトイレのつまりに繋がるのかなど、トラブル発生に至るメカニズムを中心にお話を進めさせていただきます。

Pocket